太陽礼拝について


 

・太陽礼拝:日本語
・Surya Namaskar(スーリヤナマスカーラ):サンスクリット語
・Sun Salutation(サンサルテーション):英語

 

太陽礼拝は、アーユルヴェーダの基本的概念である五元素(エーテル・空気・水・火・土)のトリートメントの中で、太陽(火)のトリートメントです。

 

太陽光線によるトリートメント

太陽礼拝は、太陽光線を使って人体を治癒する方法です。太陽光線・日光・光には様々な疾患を治癒する力があります。太陽は7色(緑、青、オレンジ、赤、紫、藍色、青)の色を発していると言われています。
この太陽の7色のエネルギーを体に満遍なく取り入れることで、病気を治癒したり、健康を維持します。ポーズの順番は、7つのそれぞれの色が、全て体に吸収されるように、7つのポーズを組み合わせた12ポーズで作られています。

 

呼吸

太陽礼拝は、正しい呼吸に合わせて行います。呼吸に合わせて行うことで、体の内臓の動きにも関係します。吸うときに肺を広げ、吐くときに内臓を引き上げます。呼吸と共に行うことで、7色のエネルギーが体中に行き渡り、体の各部を調整します。

 

素晴らしい太陽に礼拝

Surya=太陽
Namaskar=礼拝
太陽の光は、全ての生命に平等に降り注がれます。太陽は私達の健康、生命そのものです。神様のように、私達を守ってくれている太陽に気持ちをこめて、太陽礼拝を行います。

マントラ

12のポーズに合わせてマントラがあります。このマントラを心の中で唱えながら行うことで、より効果が高まります。ここでは12個のマントラの中から、1つご紹介致します。

Om Mitray Namah(オーム ミットラーヤ ナマ)

意味:「全てに愛情を注ぐ太陽を崇めます。」
これは、太陽礼拝の一番最初のポーズ、ナマスカーラアサナ(ナマステのポーズ)のマントラです。

Mitray=友達

太陽は、生きとし生けるもの全ての友達です。「ナマステ」のポーズは、「あなたと私がつながりました。」ということを表現しています。
素晴らしい太陽に、心を広げてつながって、お祈りします。

太陽礼拝の効果

太陽礼拝にはたくさんの素晴らしい効果があります。いずれも、正しい呼吸で行うことが大切です。毎朝・夕、太陽礼拝を行うと、健康で幸せで、太陽のように明るくいられると言われています。

 

参考資料:
・ニーマルヨガティーチャートレーニングテキスト